テーマ:医療・介護

QOLの日本語訳

クオリティ・オブ・ライフ(Quality of Life,略語:QOL)は、一般に人の生活の質、すなわちある人がどれだけ人間らしい望み通りの生活を送ることが出来ているかを計るための尺度として働く概念である。(ウィキペディアより引用) 近年、医療・福祉・介護分野でよく使われるコトバであり、「QOLの向上を目指し…」や「QOLの向上に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

感染性胃腸炎にかかる

(キタナイ話で恐縮だが)まぁよくも我が体内から かくも大量の水分が度々流出するコト・・・と、我が身ながら 正に驚愕の下しブリだった。 今朝の山陽新聞にも「感染性胃腸炎が流行 県、手洗い消毒呼び掛け」という記事が掲載されておりタイムリーといえば正にタイムリーだが、決して喜ばしいことではない。 何となく原因は日曜の夜に食べた頂き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「メタボ侍」亡くなる

メタボ侍、伊勢市の件である。 必ずしもご自身の強い志に基づくものではなく、ある種「見せ物」的な舞台に引きずり込まれたうえ、志(?)半ばにして倒れられた課長さんに対し、強い哀悼の意を示すところである。個人的には「労災」にも値すると思うのだが、その判断は現実的には厳しいのだろう。 本事件に密接に関わりがあるのは、来春からはじまる「特…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

電子カルテ界のパイオニア逮捕

仕事から家に帰る途中のラジオで俄に信じられないニュースを耳にした。 内容は、高知医療センターの前病院長(瀬戸山元一容疑者)がPFI事業をめぐり家具やプラズマテレビなど21点、計250万円相当を受け取る収賄容疑で逮捕されたとのこと。 瀬戸山先生と言えば、島根県立中央病院の病院長時代に世界初といわれる病院統合情報システムを作り上げた、電…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

福祉施設の立地・設計を考える

現在 岡山市内には35箇所の特別養護老人ホームがある。 当たり前と言えば当たり前だが、どこの施設も35施設35色の立地条件・設計・設備で立ち上げが行われ、運営は介護保険法で定められた枠の中でそれぞれが創意工夫を凝らして行われているのが現状だ。 人材の配置など組織の再編や備品の配置(変更)はいつでも手軽に行うことができるが、建物は一度建…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カユカユで小児科から皮膚科に転科する

娘のカユカユが治まらない。 いわゆるアトピーなのだろうが、春先にかかりつけの小児科の先生に相談すると「木の芽時にはねぇ」と言われ保湿クリームをいただき、治らないので改めて梅雨前に相談すると「幼稚園に入園する頃まではねぇ」と、一気に数週間の治癒計画が数年間に延長されてしまい、痒がる娘の姿を見ると 先生と同じく のほほんと見守る訳にはいか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

別の医療機関を受診する

昨日、生後数週間の息子のお腹がパンパンに張れていることを不安に思い、かかりつけの小児科を受診した(詳細は7/9 「10人に1人のパンパン腹って!」に)のだが、医師の診断は触診のみで「10人に1人ぐらい こうやって お腹がパンパンになる子がいるんですよねぇ。まぁ、母乳がうまく飲めるようになる3ヶ月後には治まるでしょう。」とのコメントしか頂…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

お風呂掃除をすることができないヘルパーさんを考える

数ある介護保険サービスの中で訪問介護サービスほど運営が厳しいサービスは無いのではないか。ご利用者さまのお家に入らせて頂く基本的アウェイの状況下で、ヘルパーと高齢者の一対一の密室サービスであることのリスクをはじめ、ノルノマノルマのジュリアナ東京でも黒字化が難しかったことからもお察しの通り 事業自体の採算性も相当厳しく、ヘルパーができる業務…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大学病院を受診する

健康に育ったお陰もあるのだろう。小さい頃から医療は万全だと信じてやまなかった。しかし、ヘルニアや偏頭痛、近視等を抱えるにつけ、医療は決して万能などでは無く、発展途上の医学の枠内で出来ることを粛々と行っているに過ぎない限界あるものとして「体感」せざるを得なくなった。研究途上の科学である以上、万能で無いことは当たり前と言えば当たり前だが、辛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コムスン問題と行政による指導・監査について

まず、大前提としてコムスンが行った虚偽申請等一連の行為は話しにならない違法行為であり、コンプライアンスの欠片も無い擁護容認すべき案件ではない。しかし、何故それが比較的広範囲に且つ安易に行われたのかを考察することや、事案発見後の行政対応が必ずしも適切であったか否かは、検討の余地があるように思われる。もちろん、現行制度の枠内に於いて行政がサ…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

新型 特別養護老人ホーム(ユニット型)

ここ5年だろうか。老人関連の箱モノのキーワードは「ユニット型」である。 (従来型と呼ばれる)中央に廊下があって、その上下(左右)に居室(2人部屋から4人部屋)が位置する「ハーモニカ型」の進化版として脚光をあつめている。ユニットとは、概ね10床の各個室とリビング、トイレやお風呂で構成された高齢者の生活単位を指し、最近の多くの新設特別養護…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

医療保険・介護保険制度について考える

以前ほどでは無いが、仕事柄、医療・介護保険制度と密接にかかわることが多い。 この業界に入るまで、国の制度が政策と称してこうもコロコロと変わるものだとは知らなかった。また、当初はスッキリしていた介護保険制度も「改正」(改悪と言う人も多い)を重ねるごとに「きめ細かい配慮」や「公平性」「効率性」といった綺麗な言葉を盾に複雑に難解になっていく。…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more