ヘリコプターに乗る! (岡山空港まつり)

岡山空港開港20周年記念祭り(3/9)に行って来た。

岡南から移設して新しくできた空港と未だに思っていたのだが、はや20年周年・・・個人的には瀬戸大橋と同い年という認識も殆ど無く 年月の経過に驚いてしまう。

臨時駐車場が遠そうだったので、遠足気分で空港バスに乗車して岡山空港に向かう。オレンジ色の車体のリムジンバスに乗車したのだが、車内もオレンジ色のアニマルっぽい不思議な柄使いであり、なにやらサファリパークのバスを連想してしまった。

お祭りは非常に盛況で、お目当てのひとつでもあったお食事テントはどこも長蛇の列、12時前にもかかわらず売り切れもちらほら。しかし、30分近く忍耐強く並んで何とか購入したチジミや沖縄ソバもそれなり・・・といった感じで、ちょっぴり今ひとつな感じだった。

空港ターミナル2階で ももっちと記念撮影し、グアムの方の歌声に耳を傾けた後、ヘリコプター遊覧飛行の案内を見つけ、悩んだ末 とりあえず待ち時間の確認をしてみると「15分待ち」とのこと。仕事で海外からの招聘者を遊覧飛行で接待する案がでていたことを思い出し、話のネタに10,000円(大人2名)を支払って申し込み手続きを済ます。2歳と9ヶ月の子供達は無料だった。

一家共々生まれて初めて搭乗した機体は四国航空株式会社の「Aerospatiale AS350B Ecureuil 」(アエロスパシアルAS350Bエキュルイユ)、 エキュルイユはフランス語でリスを意味するらしい。

画像


搭乗するときの風と爆音は結構すさまじかったが、子供たちは思いの外ケロっとしていた。機内は思いの外せまい。岡山空港から南方面8km四方を7分かけて周遊するコース。ヘリコプターも誘導路・滑走路を浮いた状態ではあるものの、いちよう なぞった形で飛行機と同じような離着陸コースをたどるものらしい。

画像


結構 風の影響を受けて3次元によく揺れた。相当 気持ち悪い。
滑走路から南は谷になっていることから急に視界高度が上がり 結構コワイ。

画像


ホバリングや、思い切った降下、水平横移動等を操縦士さんがして下さるが、ヘリコプター特有の進路方向に斜めに機体を傾ける感覚には最後まで馴染まなかった。搭乗前は「オイオイ7分で5,000円かよー、もっと飛べば良いのに」と思っていたのだが、7分で身も心も満足(限界)である。

画像


確かにスリリングな体験ではあったものの、もう二度とヘリコプターには近寄るまいと家内共々固く決心して帰路についた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック