中国産冷凍ギョウザ 岡山にも流通

昨日からメディアでも広く取り上げられている中国産冷凍ギョウザ。
またしても食品、そして中国産である。

ディライト(delight:大喜び・ うれしさ・愉快)の大手企業JTと、安心信頼のCOOP提供の商品から このような悲惨な事件事故が発生するとは、正に驚きであり 続く偽装問題とあわせて、何を信じて良いのやら・・・である。 更にこれらの事件事故情報を東京都ではFAX送信ミスで情報伝達が滞り、対策が遅れたとか。ミスも問題だが、これらの情報交流がFAXのみで行われていたとすると、危機管理上も甚だ不安な話である。

早速、家の冷凍庫をあけてみると、何と僕お気に入りの「カレー男爵コロッケ」がJT製品である・・・もちろん今回の事件での回収対象商品ではないが、何となくもう食べる気がしない。冷凍ギョウザも味の素や王将など美味しいものが沢山あるのに、何となく当面は食べる気がしなくなった。冷凍食品のMade in など今まで見たことも無かったが、今回改めて自宅の冷凍庫ストックを見て、意外と販売元は書いてあっても 製造地が何処なのか記載されていない商品が多いことに驚く。

この冷凍餃子と関連回収対象商品、岡山県内でも流通していたようだ。
今日 昼過ぎの岡山県からの速報では、当初 当該関連商品の取り扱い店舗は6店舗だったが、夕方の第2報では県北を中心に42店舗と急増し、体調不良等の申し出も3件ほどあるようだ。これ以上 被害が拡大しないことを、中国産商品には食品云々に関わらず「中国産・中国製」と大書していただくことを切に期待したいと思う。

参考URL(岡山県):http://www.pref.okayama.jp/soshiki/detail.html?lif_id=17837

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック