20秒前の緊急地震速報

山陽放送 Voice21で「いのちを分ける20秒」という生番組を放送していた。

今後30年以内に50%以上の確立で発生すると言われている大地震(東南海地震)への対策の目玉として整備がすすめられている緊急地震速報が10月1日から本格運用されることを受けてのプログラムだった。

東南海地震発生予想エリアと岡山の距離から算出すると 概ね20秒前にテレビの画面・音声にて警告が発せられるらしい。地域によっては行政の防災無線(有線)や放送でも聞くことができるようだが、当面岡山市内はTVによる情報発信に限られるようだ。将来的には受信機能付きの時計・携帯電話・自動販売機等による警報も検討されているらしい。ただ、近年発生した阪神淡路・鳥取・広島など近距離で発生した地震に関しては、時間的に本システムは殆ど機能することは無いのではないかと思われ、決して万能ではなく、かなり東南海にターゲットを絞った限定的な対策と捉えた方が良いようだ。

テレビで気になったことが2つ。

ひとつは防災ベッドを高齢のご両親にプレゼントしては、とのくだり。ネットで調べてみるとアーチ状のベッド柵が付いている商品(http://www.houei-k.co.jp/bed/bed.htm)だった。他にも安心ベッドなどで検索すると類似商品がヒットするようだが、必要性・重要性は理解するものの、何れの商品もデザインにもう少し力を入れると一層の販路が開けるように思われた。

ふたつめは、家庭用の緊急地震速報の受信装置が販売されているとのこと。これもネットで調べてみるとデジタルなまず(http://www.jjjnet.com/)という商品がヒットする。お値段10万円也。1万円なら迷うところだが、10万円は明らかに庶民には高嶺の花である。「携帯」していることから警報受信装置としては一番適当と思われる携帯電話の付加機能として標準化される日を待つことにしよう。

CMに入るたびに ご意見等を受け付けていますとアナウンスする割に、番組内では一番多かったTV以外の受信方法について簡単に触れられたのみで、RSKホームページでも全くケアされていないあたり、視聴者相手のマスコミの放置プレイを見るようで、RSKの防災に対する取り組みの浅さを顕すものでは無いことを願いたいと思う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ハタチの恋人 ストーリー

    Excerpt: さんま&長澤のダブル主演でおくる50男の恋愛物語♪中年サラリーマンの前に現れた、昔の恋人そっくりな女性。妻も子供もいながら、若い女性にときめいてしまう中年男の姿をコミカルに描かれた作品となっています。.. Weblog: ハタチの恋人 racked: 2007-10-31 21:49
  • 二世帯住宅

    Excerpt: Weblog: racked: 2007-10-31 21:49