水不足が心配

近日、高知県の早明浦ダムの貯水率をニュース報道で聞かない日は無い。

しかし、今年の水不足を予想する声は去年の暮れから耳にしていた。昨冬は降雪が著しく少なかったからだ。農家の方は田植え頃の水不足が心配と冬場から言われていたが、降雪が少なかった上に、降雨まで少ないとなると、今年の渇水は半年間蓄積が無いダブルパンチでかなり深刻なことになりそうである。

思い出せば平成6年の渇水も相当深刻だった。当時 僕は高校生だったが、アルバイトをしていたマクドナルドの藤田でん社長が、香川県の全マクドナルド職員にペットボトル飲料水を大量に社長名で手配されたお話しを聞いて、「大企業ながら細やかな配慮がある素敵な会社だな」と思った記憶がある。その他にも、社員の奥さんの誕生日にプレゼントがあったり、社員に低金利でお金を融資したり、子供の就学時かクリスマスにも何らかの配慮があったような記憶がある。

話しが転々とするが、
中国では北京オリンピックに向けて北京よりも西で雨を人為的に降らせて、会期中の北京を快晴に保つ実験が行われ、ある程度の成果を挙げているらしい。個人的には雲を壊す研究は、雲を作る研究が完了してから行って欲しいと思うし、(黄砂同様)北京よりも東の影響も少なからず気になるのである。

自然を完全にコントロールできない以上、ある程度 自然を尊重し、自然に身を任せる「分相応」の謙虚さを持ちつつ、受け身ベースの対策を具体的に論じる方が当面は適当ではないかと思う。吉本興業の山崎邦生の元相方さん(てんつくマン・TEAM GOGO)が環境問題をPRする号外新聞を6月22日(金・夏至)に全国全戸配布(3000万部)を目指して活動をされるらしい。もちろん岡山市も同様の活動が行われるようである。その手法や新聞の内容に、疑問の声が全く無い訳では無いだろうが、ひとりひとりが「環境に配慮して私は○○をしています」と胸を張って言える行動変容が十分ではない今日に於いては、つべこべ言わず 当面はこのような啓蒙活動も「アリ」と考えるべきではないだろうか。個人的には場の空気を乱さない範囲で「My箸持参」と「クールヴィズ」を試みている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック